住宅ローン債務

MENU

任意売却で住宅ローン完済

焦る男性

住宅ローンの返済が滞った時、何らかの方法を使って返済を行っていく必要がありますが、そんな財源も完全に枯渇しきった時、いよいよ破産ということも視野に入れる必要に迫られるでしょう。

 

しかしここで破産という整理方法を選択する前に、任意売却という方法で住宅ローンを清算してみる事を提案したいと思います。

 

任意売却とは簡単に言えば家を売ってしまうことを指しますが、この売るまでのプロセスが案外長く、まず現在の金融機関へ事情を説明することから始まります。

 

その後住宅ローン破綻する懸念があるためここで家を売りたいという話を持ち掛けた上で、その債権を事実上売却し清算する方法を提案します。

 

そこで金融機関が即答してくれればいいのですが、市場価格よりも安値で売り抜けられそうだったり、明らかに金融機関側が損をすることがわかっている場合は、売却を凍結させられる事もあります。

 

ただ債権者である金融機関が納得する事が出来れば、専門業者を介して不動産相場価格に近い価格で処分されますし、また場合によっては相場以上の価格で買取られることもあります。

 

 

さらに販売に際して発生する手数料は、基本的に売主の負担にはならず、一時的に仲介業者が負担するも最終的には買取した側が負担しますので、売主にかかる費用はほとんど発生しません。

 

また引っ越しに際してかかる費用が販売価格から発生する事もあります。

 

つまり買取してもらう条件として、引越費用の負担も条件に入れて売り出すのです。

 

どうしても住宅ローン債務の負担が大きいということであれば、任意売却をすることでその苦しみから逃れることは可能です。

 

住宅ローン物件を競売で売却

青ざめる男性

住宅ローンの処分方法として任意売却以外に競売という方法があります。

 

ただ競売というのはかなり荒っぽい方法で、通常住宅ローン債権が焦げ付きそうになると、銀行は最初に契約者の給与振り込み口座を差し押さえ、そして最終的に家を差し押さえます。

 

これは法律に則った手続きの一環であり、銀行が意地悪でやっている訳ではないのです。

 

すべては貸付けた住宅ローンの返済のためであり、その一環として競売という市場に送ることもあるのです。

 

競売によって処分する方法に関しては住宅ローン契約者自身、大変な精神的苦痛を伴います。

 

なぜなら差し押さえられた時点で、その家から強制的に出ていかなくてはなりません。

 

これは裁判所による強制執行の一環であり、絶対に逆らうことはできません。

 

また執行官が自宅に訪問した時には大いにして、玄関口でもみ合いになります。

 

こうすると周辺住民が何事かと騒ぎ出します。

 

もしかしたら警察が来るかもしれませんが、警察が来ても裁判所の強制執行ですから警察官にも止めることは出来ないのです。

 

そして騒然とした空気の中、住民は家を追い出されます。

 

これが差し押さえから強制執行までの一連の流になるのですが、まとめると通常、金融機関側から住宅ローンの督促が来て約3か月目の滞納で、給与支払口座の差し押さえが起き、半年くらいの滞納で自宅の差し押さえが成され、強制執行に入るわけです。

 

競売は必ず市場価格で売り切れる保障もありませんから、契約者も銀行もお互いに嫌な思いをします。

 

任意売却したくてもできない

冷や汗をかく男性

任意売却できないケースというのは大いにしてあり、その事象をいくつか紹介していくと、まず住宅ローンの支払いが出来ずに任意売却するわけですから、殆どのケースで固定資産税や住民税も滞納しています。

 

これらの税金がしっかりと滞納状態にあれば、基本的に行政が先に差し押さえていますので、その時点での任意売却は効力を有しません。

 

ということは、そこから派生して、自宅マンションの管理費用や共益費までも滞納しているような場合も同様に任意売却をすることが出来ません。

 

つまり売却する上での滞納分は住宅ローンのみであり、それ以外の生活にかかった滞納分は一切ない、ゼロ状態にしておく必要性があります。

 

また自宅の構造が法令や条例に反している場合も同様です。

 

法律を無視したような増改築を繰り返した物件は、買い手が居ても居なくても売却対象にはならないのです。

 

さらに、相続等で自宅を複数人で共有している場合、つまり共有財産のような状態になっている場合は、その共有者全員の同意を得た上で任意売却をする必要があるのです。

 

それ以外にも自宅に複数の抵当権者が抵当権や担保権を設定しているような場合、そのすべての担保権と抵当権を抹消してもらう必要があります。

 

自宅の抵当権を抹消するわけですから、これは簡単に言いますと債権放棄をしてくれと遠回しに言われているようなもので、殆どのケースで納得できないと印鑑は押さないそうです。

 

 

【最新金利情報】
銀行住宅ローンの最新金利情報を紹介しています。
TITEL:住宅ローン借り換え@こんな人は借り換えちゃダメ!あなたは大丈夫?
URL:http://xn--r8j3gvlya8b0934aygb433c5erghs1o2g.biz/