MENU

焦げ付き物件競売の一連の流れ

せっかく買った夢のマイホームもちょっとした計算の狂いで、焦げ付いてしまい住宅ローンの支払ができなくなってしまうなんてことがさほど珍しい事でもなくなってきたように思います。

 

実際にそれだけ住宅ローンの焦げ付き債権化は深刻な状況にあるといえるわけですが、住宅ローンの債務整理手段として任意売却と競売があるという話はしましたが、ここでは競売の簡単な流れに付いてお話したいと思います。

 

まず競売に入る前には必ず、既存の債権者つまり銀行からの住宅ローンの返済督促が入ります。

 

そして金融機関によって異なりますがその督促が来てから2か月から3か月程度滞納すると、お給料の振込口座や定期預金口座が債権保全目的で凍結されます。

 

つまり事実上の差し押さえです。

 

 

そして更に住宅ローンを3か月程度滞納した場合、つまり滞納6か月を過ぎた時点で債権者は、裁判所へ強制執行の申し立てを行い競売に流す手続きを始めます。

 

これが物件の差し押さえにあたり強制執行に入るわけです。

 

その間、債権者と住宅ローン契約者との間では返済方法に関していろいろ話合いを持つことになるわけです。

 

しかし、そこで住宅ローン契約者に誠意がなかったり、返済意思が全く感じられないと、其れよりもはやく強制執行にかけられる可能性はあります。

 

誠意を見せ話合いに応じる姿勢を見せていれば、住宅ローンも競売にかけられる事は免れるかもしれません。

 

多くの場合が債権者との妥協点が見つけられずに、最初の滞納から約半年程度の間に競売にかけられることが多いようです。